本文の開始
札幌市中央区の歯医者

入れ歯・義歯治療

入れ歯は、床の材質によって大きく二つに分けられます。一つは合成樹脂(プラスチック)で作られるレジン床義歯、もう一つはコバルトクロムや金、チタンなどで作られる金属床義歯です。

レジン床義歯

レジン床材質が弱いために、やや床が厚くなり、口の中で違和感があります。

また、プラスチックは水を吸う性質があるので、汚れやすい材料といえます。

 


金属床義歯

薄いために口の中に入れても違和感が少なく、物を食べたときに熱がよく伝わります。

コバルトクロム床

コバルト床義歯丈夫な金属を使うことにより、保険入れ歯の約1/5の厚さで熱の伝わりもよく、

快適な状態で永くお使いいただくことができる入れ歯です。

 

ゴールド床

ゴールド床貴金属は腐食による変色が起こらず、精密な加工がしやすい金属です。

適合もよく体に優しい金属です。金や白金を使用することにより、美しい輝きを実現しました。

チタン床

チタン床義歯近年、時計や眼鏡などに使われている最先端金属です。

非常に軽いだけでなく、アレルギー反応を起こしにくい体に優しい金属です。

 


エステ入れ歯(おしゃれ入れ歯)&コンフォート入れ歯(快適入れ歯)

おしゃれ入れ歯

おしゃれ入れ歯今、入れ歯を入れていて支障ないが、いかにも入れ歯を入れているというのが、いやだという人はこの方法が最適です。

この方法を使うことによって、自然な入れ歯にすることができ他の人が見ても入れ歯だと気がつかないおしゃれな入れ歯にすることができます。

 

快適入れ歯

コンフォート入れ歯

歯ぐきの状態が悪く、入れ歯を入れると 痛みがあったり安定が悪いという方が多くいらっしゃいます。このような方々には、この快適入れ歯が最適です。

快適入れ歯というのも、歯ぐきに接する部分は特殊に開発されたシリコンを貼ることによって歯ぐきの「あたり」がソフトで痛みなく、且つ入れ歯が歯ぐきに吸い付くように密着しますので、安定も良いです。
このような入れ歯で、楽しく人と会話ができ、おいしく食事ができるようになります。

※上記の「おしゃれ入れ歯」・「快適入れ歯」および「金属床」は保険外診療になりますので、詳細な説明および金額は担当医にお問い合わせください。

ページの終了