本文の開始
札幌市中央区の歯医者

予防歯科/PMTC

歯の周囲には歯ブラシでは落とせない汚れがあります

むし歯・歯周病はプラークが原因で引き起こされる疾患ですが、近年、歯の表面に付着し成熟したプラークは、「殺菌バイオフィルム」であることがわかってきました。

バイオフィルム細菌バイオフィルムとは「多種多様の細菌が複雑にからみあってきわめて安定した集落を作り、一種の共棲関係にあるような状態」をいいます。

このフィルムは、細菌が分泌する多糖体に守られ、強力に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。

また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、付け薬、うがい薬などの効果も限定的です。

PMTCPMTCはこのバイオフィルムをはがしとる手段として、最も能率的かつ効果的な方法と考えられています。

月1回の定期健診(PMTC含む)を受けていただくことによってむし歯や歯槽膿漏を予防することができます。

保険診療の範囲内で1ヶ月に1回来院していただく事によって早期発見・早期治療や歯周病など生活改善が必要な生活習慣病などは歯のクリーニングや歯石除去を行なう事によって口腔環境を改善して治療を進めていくことができます。

当医院の行なうメンテナンスを受けていただく事により痛みのない、快適な生活(食生活)を営む事ができます。

PMTCとは

虫歯・歯槽膿漏(しそうのうろう)を未然に防ぐ効果的な方法です。

毎日歯磨きをしない人はいないと思いますが、『毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの?』と思っていませんか? それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。

24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。

ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。

歯科医院に行ってブラッシング指導を受けてプラークを完全に取れる練習をしましょう!そうすることによって、一生ご自分の歯でおいしくお食事ができます。

しかし、それでも、うまくプラークが取れない方は歯科医院のプロフェッショナルトゥースクリーニングを受けてください。

歯のクリーニング

歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。 特に女性のかたは、男性よりも歯を失う率が高いという報告があります。

それは、妊娠・出産・育児など今までと生活環境が変化することに起因しているかも知れません。

そのためにも、今のうちから歯肉の状態を良くしなければならないでしょう。

また、出産や育児を終えた方で、もし以前に比べて歯が弱くなったあるいは歯肉が悪くなったと思っている方は、リカバリーが必要です。

がんばって毎日プラークを取るように心がけてください。 すばらしい笑顔は歯だけではなく歯肉も健康でこそ価値があるものです。

ページの終了