本文の開始
札幌市中央区の歯医者

歯周病治療・歯周内科

最新歯周内科治療のすすめ

歯周病(歯槽膿漏)なんだけど、治療を受けると一時的には良くなるけどまた再発してしまうんだけど・・・歯周病って治らないの?!と思っているあなた・・・

この治療を受けてみてください!!

鶴見大歯学部附属病院「3ds除菌外来」臨床探索歯学寄附講座

歯の細菌歯原性菌血症(Odontogenic Bacteremia)は日常的に起きます。

若い人でも歯の処置をすると数分後には上腕から口腔細菌が検出されます。
壮年、中年や歯が悪い人は日常的に菌血症を起こしています。

これが繰り返されると血管の老化が進み、血管年齢が実年齢より高くなるのです。


鶴見大学付属病院臨床探索歯学寄附講座

この動画は、「鶴見大学附属病院(3DS除菌外来)臨床探索歯学寄付講座」で製作されたものです。
歯周病でお悩みの方は、当院の除菌プログラムを受診されますことをお勧め致します。

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡お口の中には300種くらいの口腔常在菌が存在しています。

その中で歯周病を悪化させる菌を位相差顕微鏡を使って観察する事によって治療方法を選択致します。

患者さまは、この顕微鏡検査によって歯周病が細菌の感染による疾患であることが、視覚的に実感できます。

細菌検査

位相差顕微鏡バナぺリオという機器を使ってお口の中の細菌の量を計測することによって治療方法を選択致します。

また、治療前・治療後に細菌検査を行なう事によりどの程度効果があったか実感できます。

難治性歯周病の場合は、バナぺリオ検査よりも正確な菌の種類および量を測定できるPCR細菌検査を実施しております。

それにより歯周病に関係している菌を特定することができます。

歯周内科治療

位相差顕微鏡検査
・細菌検査
・レントゲン検査
・口腔内検査
などの結果により歯周病に関与している菌を特定し、その菌に効果のある内服薬を選択して内服していただきます。

それと同時に、口腔内の環境改善のため歯石除去ならびにPMTC(機械的清掃)を徹底的に行ないます。そうする事によって、いち早くバイオフィルムの除去と関与細菌の減少を促す治療です。


薬で治す歯周病 最新歯周内科治療

顕微鏡検査のススメ

歯周病が薬で治る!?

歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの医院でもされている基本的な治療です。しかし、この基礎的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、簡単に薬で治す方法がみつかったのです。原因である菌を特定し薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。この治療法は21世紀に入ってから行われている方法で最新式の治療方法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

「歯周内科学」とは

歯科界の新しい分野「歯周内科学」。これまでとまったく異なったあたらしい考え方。
お薬で歯周病を治してしまう治療の総称です。歯科における2大疾患といえば「虫歯」と「歯周病」。これは現在の歯科医療においては、感染症であるという結論になっています。では、なぜ感染症なのに治らないのでしょうか。
医科において一般的な感染症は風邪です。一般的な風邪であれば医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合、治ってしまいます。

では、歯周病も同じように治らないのでしょうか。

現在の歯周病治療は外科的な処置が主流です、しかし、それは歯科医師が特殊な技術を持ち、患者さんも歯磨きがうまくできるという厳しい条件下でないと良い結果が生まれないのです。どんな条件下においても同じ方法で、簡単に良い結果が生まれる方法はないものかと、多くの歯科医師が知恵を出し合った結果生まれたのが、薬で歯周病を治す歯周内科という治療法なのです。

歯周内科治療の治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

1、位相差顕微鏡での菌の確認
2、細菌の除去薬剤の内服
3、カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
4、除菌後の歯石とり

特に1は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

位相差顕微鏡検査

顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。われわれは患者さんのお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察。顕微鏡を見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。
さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のよりわかりやすい説明を聞くことが可能です。

どうやって歯周病は進行するのでしょうか

1、カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起こします。
症状:口臭、ネバネバ感
2、炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が汚れやすくなりカビがさらに奥で炎症を起こします。
症状:歯ぐきの赤み、時々出血する
3、歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。ここに歯周病菌がたまり、炎症がひどくなり、骨が溶けていきます。
症状:歯ぐきの炎症、時々腫れる
4、歯周ポケットはさらに深くなり、よりたくさんの菌がたまっていきます。
症状:歯ぐきを押すと膿が出る
5、骨はさらに溶け歯周ポケットはさらに深くなりさらに多くの菌がたまっていきます。
症状:口臭がさらに悪化、出血がひどい、歯が揺れる、噛むといたい、膿が出る、歯ぐきがよく腫れる
6、最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになり 抜かないといけなくなります。
症状:歯が痛くて噛めない、歯が揺れて噛めない、歯ぐきがいつも腫れている

感染経路

生まれたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜお口の中にいるかというと、人からうつされているのです。
いまも、家族の間でうつしあってる状態にあるかもしれません。回し飲みや回し食い箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくるということになります。特に危険なのは性感染です。せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。パートナーの方と同時に治療なさることをおすすめします。

再発を予防するには

カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。
徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。全滅させることは不可能なのです。ですから毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。

カビ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。
また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないかカビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認しカビ菌が増えすぎないように専用の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。

義歯 義歯を使っている方は、義歯にもかなりカビが付きます。 義歯の清掃もこれから非常に重要になってきます。
むし歯 カビは歯周病にだけ関与しているわけではありません。 カビはお口の中で酸を出すことがわかってきていますのでその周りに歯があれば歯を溶かし、虫歯を作ってしまうのです。
タバコ 今回使う薬は白血球が運んでくれる薬なので、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、薬の効きが悪くなります。 また、タバコは歯周病になりやすく、歯周病が治りにくいことがわかっています。

全身疾患との関係

菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。
カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病菌も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。
歯周病の人が心臓病になる確率は2〜3倍にあがります。ほかにも食道癌、糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。

薬による歯周病治療終了後に注意すべきこと

歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。 特に性感染に気をつけましょう。
歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つようにこころがけましょう。つまり、歯石やカビ菌を定期的に除去して、そして毎日適切な歯磨きをしましょう。
歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

以上の文章は「国際歯周内科学研究会監修」のパンフレットより

ページの終了