本文の開始
札幌市中央区の歯医者

審美歯科

審美歯科ガイド歯の色と歯並びが悪く、人前でしゃべるのが苦手でそのため性格的にも内向的な性格なOLの患者さんが、当医院を訪れました。

このような訴えを持って来院される患者さんは、最近増えております。そこで、当医院では患者さんにどのように治したいかを良く聞いて、現在の歯型を採って模型を作り、その模型を使って希望のように治すためのシュミレーションを患者さんに観てもらいます。

そこで、治す本数が決まりますので、見積もりを出してから治療に入るシステムを取っています。

当医院は歯を削って、すぐ型を採って歯をいれるのではなく、その前に治療後のシュミレーションした歯を基に仮歯を作って実際の歯を削って仮歯を装着します。

そこで、話やすいかとか食事はできるかとか歯の長さ・出っ張り具合はどうかなどをお聞きして、仮歯を適応しやすいように修正します。

それで、患者さんが大丈夫というところでその歯を型に採って、本当の歯を作るようにしています。

そうすることによって、違和感無くキレイな歯が入るからです。前述した患者さんも、歯の色や歯並びも改善し、人前で堂々と話ができ自信が出て嬉しいと話してくれました。

歯を治すことによって精神的にも充実して健康的な生活を取り戻すことができるという良い例です。

当医院の治療のゴールは、患者さんが健康的な生活を営めるようにお手伝いをすることです。 それでは、具体的にどのような治療方法があるかご説明いたします。

ポーセレン・ラミネートベニア法

ラミネートベニア法

歯の色が中程度〜重度に黄色かったり、歯と歯の間に隙間があったり、歯の形が悪い人はこの方法が効果的です。

この方法は、歯をほんの少し(歯の表面のエナメル質を0.5mmくらい)削って、歯の表面にセラミックのシェル(うすい板)を接着する技術です。

れで、色や歯の隙間や歯の形も自分の思ったように治すことができます。

歯をあまり削らないので、来院回数も2回で済みますしいっぺんに歯がきれいに治るおすすめの方法です。

歯の色だけを治すトラディッショナル タイプと色と形の両方を治すニューベニア タイプがあります。

ポーセレン・ラミネートニューベニア法

この方法は,歯の色を変えるだけではなく、部分的に歯の隙間がある人や歯の形を整えたい人に応用できるスーパーテクニックです。

来院回数も2回で済みますので、忙しい人や遠距離であまり通院できない人にもGoodです。また、この方法も、金属を使わない治療法ですので歯肉にやさしい治療法と言えるでしょう!

ラミネートニューベニア法

オールセラミックス クラウン

歯の色が中程度〜重度に黄色い人や歯肉の色が黒ずみやすい人および金属アレルギーの人はこの方法が最適です。
この材料は、金属をまったく使用しないため歯肉が変色しませんし、金属アレルギーのかたにも安心して使用できる材料です。

従来のセラミックを使った治療は、金属の冠の上にセラミックを高温で焼きつけて歯にかぶせる方法でした。今は、セラミックの材料性能の格段の向上から金属を使わないセラッミクだけの冠をかぶせる方法がアメリカやヨーロッパの先進国では、盛んにおこなわれています。
このオールセラミックスを使用することにより、より透明感のある自然感あふれる歯にすることができます。
また、生体にたいして為害作用がありませんので、歯肉にとって、とてもやさしい方法です。

オールセラミックスクラウン

セラミックインレー/ハイブリッドインレー

金属のつめものがあって笑った時に金属がキラリと光って気になる人は、セラミックのつめものやハイブリッドという材料を使ってつめものをする方法があります。

この方法だとつめものの色が自分の歯と同じなので、つめものをしているというのがわからないくらい自然にできます。また、かみ合わせが悪い人などにも最適な方法です

最近アメリカやヨーロッパの最先端の治療では、この方法が多く使われ特に、ハイブリッドを使った方法が脚光を浴びて、臨床の場で多く使われています。この方法も、来院回数が2回で済みますので、仕事で忙しい人や遠距離であまり多く通院できない人にも最適な方法です。

ハイブリッドインレー


札幌市中央区 審美歯科
札幌市中央区 審美歯科患者様の声
札幌市中央区 オンライン予約
ページの終了